NPO法人 プロトン医学研究所 お問い合せは(電話)0178-43-3651 サイトマップ プライバシーポリシー
TOP
プロトン医学研究所について
活動について
基本構想
講師の紹介
point
お問い合せ
 
ご注意下さい!
 
NPO発行図書
「水のエネルギー」
水のエネルギー
「そろそろ薬をわすれませんか」
そろそろ薬をわすれませんか

講師の紹介
 
大坪亮一 生化学博士  プロトン医学研究所:理事
大坪亮一
Ryouichi Otsubo

1944年生まれ。 科学ジャーナリスト。
「NPO法人プロトン医学研究所」 理事および主任研究員
医療・環境問題の科学ジャーナリストを経て研究員に、1972年、第一回「国連人間環境会議」(ストックホルム)に日本のPCB汚染のレポートを提出。雑誌編集長を経て環境・医療分野の研究者に。「プロトンニュース」編集長。医療・健康分野のTVドキュメンタリー番組の企画制作、雑誌のルポルタージュを多数手がけ、1992年から水の研究に、溶媒作用や生体水が研究のテーマとし講演活動は年間50回を超える。

『還元水ってなに』生体水研究会、 『水の健康法』イースト・プレス、『水といのちの台所』健友館、『水から学ぶ健康法』リム出版、 『水のエネルギー』リム出版、などの著作がある

すべてが水から生まれ、水により活かされている「生物統一理論」にもとづいた健康・医療改革の提案と啓蒙活動を生涯のテーマに掲げています。

 

 
NPO法人プロトン医学研究所は「水(溶媒)が拓く新しい発想そして未来」をテーマに掲げ活動をしています。
 
sp
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。
sp